Close
2016.09.23 [イベント&キャンペーン]
東京国際映画祭プレゼンツ 歌舞伎座スペシャルナイトに「現代版弁士」として古舘伊知郎さんがスペシャルゲスト出演決定!!

第29回東京国際映画祭では、クラシック部門の目玉企画として今年で3年目を迎える「歌舞伎座スペシャルナイト」を10月27日(木)に開催します。
「歌舞伎座スペシャルナイト」演目の詳細はこちら
 
そしてこの度、『血煙高田の馬場』の上映に古舘伊知郎さんが「現代版弁士」としてゲスト出演することが決定しました!通常の弁士付上映は、サイレント映画に独自の語りと演奏を付けて上映する形ですが、今回の「現代版弁士」は“喋り屋”古舘伊知郎さんオリジナルの全く異なるスタイルの上映となる予定です。伝統的な弁士付上映、現代版弁士付上映、2つのスタイルをお楽しみ下さい。
 

古舘伊知郎

古舘伊知郎
<コメント>
「無声映画の最盛期、日本には弁士が数千人いたという。弁士は役者以上の人気を誇り、人々の最大のお目当ては贔屓の弁士の語り(活弁)を聴くことだったそうだ。映画を観に行くというより活弁を聴きに行く、言葉が映像の従属物ではなく話芸として確立され愛された時代があったのだ。ちょっと前までは、TVドラマと同時に、ラジオドラマという音だけのジャンルがあったように、人々が喋りを聴いてイメージを膨らませて楽しむ時代があったのだ。喋り手ならば活弁という魅惑の箱を今開けずにはいられない。過去のスター弁士の口調を一所懸命模写し再現する手のことは付け焼き刃で出来るものじゃないが、これまで講談、落語の道中付け、大道芸(香具師の啖呵売)あたりをちょびちょびかじってきた身としては、面白い活弁ができそうな気もする。私に与えられた題材は忠臣蔵のスピンオフ作品“血煙高田の馬場”。ほんの7〜8分の短縮バージョンだが、十分面白い。さあ!喋りで何をプラスしていくか、このところ言葉探しの「脳内決闘劇」を時折くり広げている。」
 
<プロフィール>
1977年テレビ朝日アナウンサーとして入社。以来「ワールドプロレスリング」などの番組を担当。プロレス実況において鋭敏な語彙センス、ボルテージの高い過激さで独特の『古舘節』を確立。1984年6月テレビ朝日を退社、フリーに転 身。フジテレビ「夜のヒットスタジオ」司会、フジテレビ「F1 GP」実況、NHK「紅白歌合戦」3年連続司会、2016年までテレビ朝日「報道ステーション」キャスターを12年間務める。
(※ふるたちの「舘」は「舎」「官」が正しい表記です。)
 

<東京国際映画祭プレゼンツ 歌舞伎座スペシャルナイト>

歌舞伎座

©2015 TIFF

開催日時:10月27日(木)開場16:30 開演17:30
プログラム: 舞踊「鷺娘」(製作・松竹)
特別上映:『忠臣蔵』デジタル最長版、『血煙高田の馬場』
料金:¥10,000(税込) 特製お弁当付き
演目の詳細はこちら
 
*“歌舞伎座スペシャルナイト” 特製お弁当*
江戸時代から歌舞伎鑑賞での楽しみの一つであるお弁当を、今年も“歌舞伎座スペシャルナイト”特製のスペシャルメニューでご提供します。ぜひ、お楽しみください。
 


 

「歌舞伎座スペシャルナイト」

9月27日(火)10:00よりチケット販売開始!

【チケットご購入方法】

◆チケットWeb松竹 (24時間受付、発売初日は10:00〜)
チケットweb松竹
◆チケットホン松竹(10:00〜18:00)
ナビダイヤル 0570-000-489 または 03-6745-0888 / 06-6530-0333
※窓口販売・お引取りは9月29日(木)午前10時より
※窓口販売用別枠でのお取置きはございません。
※電話番号のおかけ間違いには充分ご注意ください。間違い電話防止のため、電話機の「リダイヤル機能」はご使用いただかず、1回ごとにダイヤルボタンを押していただくよう、ご協力をお願い申し上げます。

会期中のニュース
2016年10月25日 - 11月3日
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
新着ニュース
2016.12.30 [更新/お知らせ]
2016.12.21 [更新/お知らせ]
オフィシャルパートナー